ティーカップトイプードルの現状

今とても人気のある小さなテーカップサイズのプードル。 そのテーカップトイプードルの現状についてお話したいと思います。 テーカップトイプードルのテーカップとはアメリカで生まれました。 文字の通り、テーカップに入るサイズの小さな犬とのことを示します。 しかしJKC、AKCは規格として認めていません。 テーカップトイプードルが、アメリカで言われていることは、1年が経過して体高が9インチ、重さは4ポンド、これは日本で23cmと1.8kgの事を言います。日本では成長した大きさが25cmと2kg以下と言われています。 この小さなサイズをテーカップサイズと読んでいます。 CMなどでもこの言葉が使われ、グッツなどもあるように、言葉は確実に認知されています。 小さくてとにかくかわいい、そして人気のあるトイプードルです。 しかしかわいいだけではありません。問題点もあります。 ■購入した時の子犬の時に小さくても、成長したらテーカップのサイズに収まるのか。 ■未熟児だけではないか。 ■体が弱く、体調はいいのか。 ■小柄メスの母親が、無理やり産んだ子犬ではないか。 実際に2k未満のお母さんは難産になりやすく、子犬への危険も高いと言われています。 ■子犬に授乳制限をしている ■妊娠中のお母さんにサプリメントを飲ませ、赤ちゃんが大きくならないようにしている。 など解らない部分でたくさんの問題や、可愛そうな事実が起こっています。 実際に、毎日の食事の管理は大変です。抵抗力が弱く病気がちになる子もいます。 病気の治りが遅く、かみ合わせの悪い子も多くいます。便からサナダムシが出て、普通サイズに戻るなど、悪徳のペット業者も多く居ます。体の弱い子は骨折やパテラの危険性も高くなります。 小さくてとてもかわいいテーカッププードルですが、メリットとデメリットを掌握してからの購入をお勧めします。 大きさも2ヶ月前後の段階では成長の予測が出来ないので、両親や血統上の情報などしっかりとした説明を聞いからペットとして迎えるか決めてください。ご飯の与え方で成長も変わりますが、ちゃんとした生き物であることを忘れないでください。 量を与えずに体重を増やさない行為は絶対にしないでください。

Copyright (C) 2017  トイプードル   All Rights Reserved.